セッションをまたいで効果を発揮する魔法について

(基準値が上昇するまで)再挑戦不可のもの

 次に挙げた魔法については、ルールブック*1の定めるとおり、同一キャラクターは魔力が上昇しない限り、同じ対象へは『再挑戦不可』と扱います。

  • アナライズ・エンチャントメント
  • ディスペル・オーダー
  • レストア・ヘルス
  • キュアー・ポイズン
  • キュアー・ディジーズ
  • リムーブ・カース
  • リフレッシュによる、毒・病気の治療
  • リザレクション
  • セーブ・ソウル

セッション中での行使

 セッション中にPCがこれら、再挑戦不可の呪文を掛けようと試みる場合は、特に金銭を支払う必要はありません。

  • 目標値は、ルールブックおよびGMが定めたものを使用します。
  • GMは、セッション中の環境やリソースを考慮し、その呪文、または拡大のための儀式等を使えないと判断することもできます。

アフタープレイでの行使

 セッション中に呪文を掛けなかった場合、あるいは試みても目標値に届かず失敗した場合は、原則的に、アフタープレイでNPCに規定の料金を支払うことで回復することになります。*2

  • 蘇生における判断や必要経費などはこちらを参照してください。→蘇生
  • 蘇生以外の治療には、ダイスによる判定や、呪文の拡大などは不要とします。
    • 従って、費用はその呪文の依頼に必要とされる最低限の額*3に固定となります。
    • また蘇生と同様に、資金不足時のNPCや施設などへの借金、または、他の参加PCによる肩代わりは可能です。

異常を治療していない状態でのセッション等参加の禁止

 病気や呪いなどの異常を受けたキャラクターを、そのまま更なるセッションやキャラクターチャットなどに持ち込むことはできません。これらの異常は、遅くとも異常を受けたセッションのアフタープレイで、自動的に必要最低額の金銭を消費して治療されるものとします。
 セッション後にも残る呪いなどは、必ずご相談ください。申請が必要です。

再挑戦可能のもの

 キュアー・ウーンズやディスペル・マジック、イクソシズムなど、目標値に届くまで何度でも挑戦できるものは、アフタープレイの段階で自動的に回復します。費用は発生しません。
 

物品にかけることで永続の効果を発揮するもの

  • マジック・プロテクション
  • クリエイト・デバイス

 セッション*4への参加中に、これらの呪文をPCの所持品に受けた場合は、アフタープレイで呪文の効果の取得、放棄を選択できます。

  • 放棄する場合は、呪文の効果は失われ、料金の支払いは発生しません。
  • 取得を選択する場合は、呪文の効果および達成値の記録は残りますが、他のキャラクター*5から受けた場合、ルールブックに沿った料金の支払いが必要です。
    • 料金は、呪文をかけたキャラクターのルーンマスター技能レベルを基準とし、完全版『11.5 NPCに魔法を使ってもらう』(p166)に定めるルールによって算出します。達成値の拡大などがあれば、ルールブックに従って増額させます。
    • これは呪文を使ったPCに対して支払われるものではありません。
    • これらの呪文をアイテムを所有するPC本人が行使した場合には、料金を支払う必要はありません。

プリザーベーションについて

 原則として無料となります。→蘇生
 

目標値をもつもの

  • マジック・プロテクション
  • フルコントロール・スピリット

 目標値を持つ魔法の効果を次のセッションに持ち越す場合は、登録書への記入が必要です。
 その際、出目および拡大の記録を保存しておくことができますが、これらの数値を採用するかどうかは、個々のセッションのGMの判断に委ねられます。
 GMは登録書にある数値をそのまま採用することも可能ですし、出目は破棄して拡大のみ採用するなど、一部を採用しても構いません。ダイスをその場で振り直させることもできますが、術者がその場にいない場合は魔法を所持品に受けたPCかGM自身が振ってください。

 マジック・プロテクションを他のPCに掛けてもらった場合は、前項の規定に従って料金の支払いが発生します。
 拡大分を支払ったにも関わらず、GMが拡大を破棄したために物品の抵抗が破られた場合、拡大分に使用した分の費用の払い戻しが認められます。拡大後の数字であっても破られていた場合は払い戻されません。

 

注意事項

 必要のない呪文を繰り返し依頼するなど、セッションの円滑な進行を妨げる行為は厳禁とします。

関連ページ

魔法
蘇生
申請を必要とするもの



*1 完全版p76からの魔法データを参照してください
*2 ただし例外として、GMが事前に蘇生不可を明言していた場合のリザレクションは不可
*3 完全版p166『11.5 NPCに魔法を使ってもらう』参照
*4 またはそれに準じる、マスターが存在するキャラクターチャット
*5 PC、NPCを問わず

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 25 Aug 2009 22:14:34 HADT (3708d)