魔法について

PCが使用できる魔法の範囲

  • キャラクターは完全版ルールブックに載っているもののうち、プレイヤー・セクションに掲載されているものを行使可能です。
    • 種別=遺失の魔法、フォーゲット、暗黒魔法、竜語魔法、ロードス島ワールドガイド・ロール&ロール・ツアー・サポートなどで発表された魔法は使用できません。

GMが使用できる魔法の範囲

  • PCが使用できない魔法やオリジナルの魔法、ルールブックにないコモン・ルーンなどを、GMがセッションに出すことは可能ですが、PCの手に渡るようにはしないでください。
    万が一渡ってしまった場合は、そのセッション自体を「なかったこと」にする可能性があります。

使用に注意を要す魔法

セッションをまたいで効果を発揮する魔法

 →詳細

シェイプチェンジ

セッションをまたいだ変身の禁止
  • シェイプチェンジの効果は、セッション終了時に必ず切れるものとします。
モンスターに変身する際のセージ判定について
  • シェイプチェンジをしたいモンスターについては、一度判定に成功した結果を登録書に明記し、GMの指示があれば応募時に申告してください。
  • GMが毎回セージ判定を求める場合や、記録を取っていなかったモンスターに変身する場合などは、その都度改めて判定します。
  • GMが応募時に申告を求めている場合で、プレイヤーが記録を付けていなかった場合、変身時の判定を許可するか却下するかはGMに一任されます。
  • その他、セージ判定に成功しているモンスターであっても、GMの方針によってはシェイプチェンジを却下してよいものとします。
  • 必要な達成値*1、インスピレーションでの代用の可否、判定する場所や対象について*2は、全ての項目でGM判断とします。
    • よって、プレイヤーが登録書に明記する際には、それらの項目(実物を見たか等)も併記するとよいでしょう。
モンスターに変身した際の能力値について
  • ダークエルフやフェザーフォルクなど、能力にばらつきがあるモンスターに変身した際の能力値は、種族平均値を使用します。
     

申請が必要な魔法

ルールブックに記載されている以外の使い魔

※申請が必要です

  • 通常人間に懐く、通常時に5~60センチ前後までの動物を使い魔とすることが可能です。
  • 動物以外のモンスターおよび、昆虫を除きます。
  • データ、特殊能力の限界をルールブックに記載されたレベルまでとします。
  • List/許可が出されたもの/使い魔 に掲載されているものを選ぶ場合は、申請の必要はありません。


*1 知名度ぎりぎりの達成値でよいか、文庫版ルールに定める+5成功を必要とするか
*2 実物を見たその時でなければならないか、事前の文献調査等でも可にするか

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 27 Aug 2009 11:22:31 HADT (3647d)